Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

コンテスト

コンテストに行ってきた

先日の月曜に東京の中野ZEROホールで「ヘアーコンテスト」の全国大会があった。僕は審査委員として行った(これで審査3回目、毎度の事ながら、スゴイ緊張るすし、責任の重い仕事だ…)

僕は昨年優勝した大会とは、また違った大会なんだぁ。
選手がステージ上で競技する。
メンズ・レディースのモデルさんをカットしてスタイリングする。仕上がりのトータルバランスを競う。

選手が100人いれば100通りのヘアデザインがでてくる。
すっげー 勉強になった。ステージのそでからこっそりと眺めていたんだけど、「選手でまた出てみたいなぁ」なーんて思ったりした。(^^

皆さんにも一度見ていただきたい!ヘアデザイナーの真剣な戦いを。
宮城県でもこういったコンテストも開かれている。業界関係者だけでなく、一般の方も見れると思うので、お時間あったら行ってみてはどーか。
  • 2006.09.13 Wednesday
  • 20:59

コンテスト

初めての喜多方。

先日東北大会が郡山であった。実はその前の日は喜多方に行ってきた。
だから福島2泊ということである。喜多方に僕の先輩でもあり友達でもある理容師さんがいて、彼も大会にでることになっていた。僕が行ったところでなんの役にも立たないのだが、モデルさんの準備のお手伝いをさせて頂く為に。彼がつかったモデルさん、実は僕が去年の全国大会で優勝したモデルさんなのだ!そんなつながりもあったもので。

土曜日の夜、仕事が終わってからスタッフの大会の準備を見て、それから喜多方へ出発。むこうについたのがAM1:30過ぎだろうか。その日は深夜からお酒をご馳走になった。旨いジャパンだったなぁ〜、聞くと彼もジャパン派のようだ。あ、ジャパン→シャンパンの間違いじゃなくて、日本酒のことね(笑) そのジャパンで一杯やりながらあるものをつまむのがお気に入りらしく、僕にもすすめてくださった。そう、会津の名物(僕も最近まで分からなかったのだ)馬刺し!!

いやぁ 旨かった。あんまり食べた回数は人生のなかで数回だが、全然生臭い感じもなく、新鮮だ。ただ、好きか嫌いかにはっきりと分かれるだろうけど。そして大会の話しをしながら夜は更けていったのだ。

次の日(日曜日)は朝からモデルさんの仕込みをした。やれるだけのことをやって、あとは本番を向かえるだけ。でも気持ち的にも大分いい感じに思えた。それだけで喜多方まで来たかいがあったと感じた。
お昼はもちろんこれでしょう。

喜多方ラーメンをご馳走になった。1件目、行列… 2件目、行列… 
雨にもかかわらず、町にはガイドブックをもった観光客が多く見かけられた。ラーメン屋さんが多いこと多いこと。3件目にしてやっとラーメンにありつけた。いやぁ、食べました。ご馳走様でした。

そして僕は喜多方をあとにして、郡山へと向かった。


彼の結果??ふふぃ〜ん。
東北大会第3部門 第3位だった。福島で1番の成績で全国の切符を手にした
そして僕がいつもお世話になってる山形の先生のスタッフさんが優勝!仲間みんな頑張った!もちろんうちの村上も4位で全国へ。

さあ、みんながんばれぇ〜!!!



 僕は最後になるであろう、優勝旗返還して はじめて大会をゆっくりと観覧したと思う。でも、自分が去年までは選手として競技していたことを考えると、ちょいと不思議な気分だった。ムズムズするってゆーか。苦笑

ちなみに…郡山のカラオケBOXの店員さんの対応には 感動した。同じ接客業として勉強させられた。

今度時間あったら、書こうとおもう。 

  
  • 2006.07.19 Wednesday
  • 13:09

コンテスト

ただいまー

たった今、郡山から帰ってきた。
東北大会の結果は、村上が第3部門で4位敢闘賞を頂いてくることができた。これも皆様の応援のおかげでございます。ありがとうございました。

これで県代表になったので、9月は全国大会に出場だ。
ますますのご声援宜しくお願いします。

  • 2006.07.17 Monday
  • 19:10

コンテスト

東北大会

明後日の17日は東北理容競技大会が福島の郡山で開催される。スタッフの村上くんが出場するので僕も福島へ。楽しみだなぁ〜!
僕は今夜から福島入りです。大会の日は晴れる事を祈って。
  • 2006.07.15 Saturday
  • 19:38

コンテスト

日本の理容技術!

分からない人も多いと思うが(業界の方は知っていると思う)理容業界には技術を競うコンテストが存在する。僕が出続けたのも理容界ではメジャーな大会だ。全国理容競技大会が国内最高峰?の大会とすると、実はそのまた上にも「世界大会」があるのだ。

世界大会は2年に一度開催され、今年は7月、つい先日ロシアのモスクワで開催された。世界16カ国?の選手たちが国を背負って技術を競う。日本からももちろん参加した。日本ナショナルチームの選手たちだ。

そして日本チームは団体で銀メダルに輝いた!おしぃっ!金メダルはロシアチームだったようだ。やはり地元開催、地元は強いのか。
しかし個人では日本の選手が金メダルを獲得している。すごい!!

日本は過去に世界大会で団体金メダルをとったこともある。つまり日本の理容技術が世界トップクラスであるということが証明されている。

そんな日本で理容の仕事につけている自分を、少し誇らしく思ったりもする。

次回の世界大会は2年後2008年 シカゴで開催される
頑張れ日本ナショナルチーム!金メダル獲得目指して!!

って、自分がもっと頑張れよ(苦笑)
  • 2006.07.09 Sunday
  • 20:11

コンテスト

理容競技大会

去る6月19日(月)に仙台市勤労者体育館で第52回宮城県理容競技大会が開催された。そう、昨年までは僕も選手として出ていた大会だ。今年からは審査委員という立場で大会に参加させて頂くこととなった。

年々選手数が減っているのだが、今年はもしかして増えるかな?と期待していたけど…さらに減っていた(涙)寂しいものだ。コンテストは技術レベルの向上を期待出来るだけでなく、人間的にも成長することができるかもしれないチャンスと、多々出くわすことがある。人との繋がりもできると思う。

そんななかでうちのサロンからも村上と悠の2名の選手が出場した。村上は第3部門インプレッションX。これはインプレッションXというきめられたヘアースタイルを、モデルさんに35分でカット・セットする競技。僕が昨年まで出続けた部門である。このスタイルは毎年課題が変わる。この部門で見事に村上は優勝した。そして悠はワインディング部門。パーマをかけるためのロットを時間以内でいかに正確に巻けるかを競う。悠は惜しくも3位だった。

自分は審査をさせてもらったが、正直選手のほうがラクだったと思った。僕のつける点数が、その選手の結果を左右するわけだ。たった1点が順位を大きく変える、その選手の「これまで」を的確に評価しなければならない。緊張とプレッシャーで凄く汗をかいたなぁ。でもとてもいい経験をさせていただいたと思う。

3部の村上は県代表として今月の東北大会に挑む。こうして次にチャレンジできるのも、周りでサポートして下さっている沢山の人々がいるからだ、ということを忘れないでほしい。沢山のお客様にも応援していただいているからだということも。みなさん、本当に有難うございました。東北大会は全国大会へのキップもかかっているので、村上には頑張ってもらいたい。

大会の結果などは今後、contest のページにアップしていきたいと思っているので、もうしばらくお待ちくだされ。
  • 2006.07.04 Tuesday
  • 09:18